眼の検査や矯正訓練が仕事|キャリアカレッジジャパンで勉強の極意を知ろう|徹底的に挑戦
勉強道具

キャリアカレッジジャパンで勉強の極意を知ろう|徹底的に挑戦

  1. ホーム
  2. 眼の検査や矯正訓練が仕事

眼の検査や矯正訓練が仕事

男女

主な仕事は視能検査

視能訓練士は眼科で視能検査を行ったり、視機能に障害がある人の訓練治療に医師の指示のもとにたずさわる人のことです。視能検査は視力や視野、色覚や眼圧などはもちろん、涙道など眼に関わる検査のこといいます。視能訓練士の主な仕事は視能検査で、超音波や電気生理学、写真の撮影検査なども行います。複雑な機器を使って正確な検査を行うことが必要とされていますが、斜視や弱視の矯正訓練も大事な仕事です。働く場所は主に個人の構える眼科や、総合病院など眼科のある病院で、レーシック治療を行っている病院などもあります。高齢化社会となるにつれ、眼に問題を抱える人が増えるなか、視能訓練士の仕事は大切な役割を担っているといえます。

需要が期待できる

視能検査を通して得られた結果は、診断や治療の適切な判断に繋がるため、視能訓練士は専門職として認められています。視能訓練士は国家資格ですので、年に一度実施される国家試験を受験し、合格しなければなりません。一般的には視能訓練士養成を目的とした学科などへ入学し、必要な知識や技能を習得します。高校卒業後ですと三年間、大学や短期大学、看護学校などは指定の科目を履修したのち、一年以上所定の教育科目を修めます。就職を考えている場合、視能訓練士養成所などを卒業すると同時に資格を取得するのが理想的ですので、知識や技能を習得するための学校選びも大事なポイントとなります。視能訓練士は高齢化社会に必要とされる仕事ですので、需要が増えることも期待されます。